究極のデザイン

2015年8月31日|カテゴリー「スタッフブログ

こんにちはナビゲーターの後藤です

毎日使うものや、目にするもの

ましてや持ち歩くものだったら

使いやすさだけでなく、そのデザイン性も

重要になりますよね!

携帯電話がまさにそんな感じですかね。

大昔の携帯なんて、今考えると

電話がかけられるだけのゴッツイ機械でしたよね。

技術面の飛躍的進歩でここまで来たか!って感じです。

ところで、流行のデザインはいったい何処に向かって

進んでるのかな!?と考えると

美術の先生が、限りなく流線形に近づく!って話して

いたことを思い出しました。

確かに新幹線もどんどん丸みをおびてきましたし

車も昔に比べると丸みをおびてきたのは間違いありません

e588e7c42c78ef39b01d035fd4a3acb4-300x225

(これは未来の住宅の形かもしれません)

ちょっと飛躍しすぎましたが、どんなものでもより美しく

デザインする。そう意識することで究極のデザインに

近づけるのではないかと考えています。

写真のマトリョーシカ人形は、ウクライナ出身の大学生が

突然お店にやってきて、夏休みを利用して祖国の民芸品を

売り歩いています。というのでひとつ購入したものです。